気になる商品 SoHoS

|送料無料、話題の商品

おすすめ日常品

ナン

投稿日:

インド、パキスタン、中央アジア、中東などで食べられるパン
語源はペルシア語。平たく楕円形で、大きな草履のような独特の形をしていて、所々丸く膨れているものが多い。インドのものは他国と異なり、二等辺三角形あるいはへら型をしている。パキスタンやウイグルのナンは丸いものが多い。ウイグルのギルデ・ナンは中央に穴があいており、形はベーグルとよく似ている。
小麦粉と塩、水、酵母を主材料とする。ヨーグルト、牛乳、油脂、時には鶏卵、砂糖、スパイス類も入ることがある。
日本では、カレーなどとよく一緒に食べる

-おすすめ日常品

執筆者:

関連記事

フォカッチャ

イタリア料理の平たいパンで、オリーブ油以外の油脂や砂糖、乳製品などを用いて本場とは異なる風味になっているようなものも多く出てきた。

スコーン

スコットランド料理の、バノックより重いパン。 小麦粉、大麦粉、あるいはオートミールにベーキングパウダーを加え、牛乳でまとめてから軽く捏ね、成形して焼き上げる。粉にバターを練り込んだり、レーズンやデーツ …

デニッシュ

原料は、小麦、イースト、牛乳、卵、多量のバター。その他の油脂類の場合もある。イーストの入ったパン生地を薄く延ばし、バターを塗り込み何重にも重ね、巻き込む。数回繰り返すことでサクサクする食感やバターの風 …

ドイツパン

ダイエットにも最適!健康と美容にいいドイツパン ドイツはほとんどの地域で気候的に小麦の栽培が難しかったことから、ライ麦を使ったパンが主食となりました。ただ、ライ麦だけでは発酵しないので、小麦をまぜて作 …

ロールパン

一次発酵後ガス抜きした生地を延ばして巻いて成形し、二次発酵させて焼いたもの。 生地の巻き方や成形の仕方で形は異なるが、おおむねはやや細長い形から細長い形をしている。 生地にバターを巻きこんだロールパン …